研究者IDマッピングテーブル検索

Last update 2014-12-15

概要

研究者リゾルバーは研究者に関連した外部のデータベースへのダイレクトリンクを保持しています。ダイレクトリンクは、そのデータベースにおける研究者のURIを指しています。研究者リゾルバーは、現在、KAKEN、CiNii、Webcat、ResearcherID、researchmap、J-Global、大学の研究者ディレクトリ、本サービス自身へのダイレクトリンクを保持する仕組みを持っています。このうち、KAKEN、CiNii、researchmap、J-Global、大学の研究者ディレクトリに対して、自動で研究者同定処理し、ダイレクトリンクを実現しています。また、研究者リゾルバーに機関スタッフが研究者プロファイルをアップロードする仕組みがあり、これによってダイレクトリンクを設定することも可能になっています。これらダイレクトリンクのURIは、通常、データベースごとの識別子(ID)を基礎に構成されています。そして、研究者リゾルバーはこれらのIDとデータベースの種類をデータテーブルとして保持しています。

ここではXML-RPCによって、この研究者ごとにひもづけられたIDのテーブルを検索する機能を提供します。

研究者IDマッピングテーブル検索のためのXML-RPC API

XML-RPCのエントリーポイントに対して、リクエストを記述したXMLをPOSTしてください。POSTするとき、HTTPヘッダに "Content-Type: text/xml"を指定して、XMLテキストを送信します。


API Type

 

  Method Type XML-RPC

  methodName in XML-RPC Researcher.resolveID

  Entry Point http://rns.nii.ac.jp/services/xmlrpc


XML Schema Definition for Query

 Tag name and layrers              range    
 layer 1  layer 2  layer 3  layer 4  layer 5  layer 6  layer 7  layer 8  minOccurs  maxOccurs notes
 methodCall               1 1  Root node
   methodName             1 1  Method (You should set "Researcher.resolveID" )
   params             1 1  
     param           1 1  
       value         1 1  
         struct       1 1  
           member     1 3  
             name   1 1

 Name can be set to:

         source

         id

         target

             value   1 1  
               string 1 1  A value according to the source, id, and target

 

Value of "source" and "target" list

Value of "source" and "target" Value of "id" according to the value of "source"
resolver
Researcher Name Resolver ID
kaken
KAKENHI Researcher Number
cinii CiNii Author ID
jairo JAIRO Researcher Number
researchmap
researchmap ID
JGlobal JGLOBAL ID
researcherid
ResearcherID
webcat
Webcat ID
orcid
ORCID ID
rdb:no:XXXXXXX
 
(Note : XXXXXXX is institution ID)
employeeID (in researcher profiles uploaded by institution staff)
anyURI URI for the researcher (registered in this system)

 

 

科研費の研究者番号 "80252831" を知っているとして、研究者リゾルバーIDを知りたいとき、 "source=kaken"、 "id=80252831"、"target=resolver" を下記のXMLフォーマットのようにセットします。

 

Example. XML for query

 

このAPIを試したいときは、次のようにUNIXコマンド”curl”を使ってみてください。ただし、ここでは、 上述に示した質問のXMLファイル"request.xml"があることが前提です。

 

$ curl -v --data @request.xml -H "Content-Type: text/xml" http://rns.nii.ac.jp/services/xmlrpc

 

次のような出力を得られるでしょう。

 

 

応答のXMLのフォーマットは次のようです。

 

XML Schema Definition for Response

 Tag name and layrers                          range      
 layer 1  layer 2  layer 3  layer 4  layer 5  layer 6  layer 7   layer 8   layer 9   layer 10  layer 11  minOccurs  maxOccurs  notes
 methodResponse                     1 1  Root node
   params                   0 1  Normal Response
     param                 1 1  
       value               1 1  
         struct             1 1  
           member           1 1  
             name         1 1

 name can be set to:

          "target"

          "id"

             value         1 1  
               string       0 1  Value for name "target"
               array       0 1  Value for name "id"
                 data     1 1  
                   value   1 unbounded  
                     string 1 1  
   fault                   0 1  Fault Response
     value                      
       struct               1 1  
         member             3 3  
           name           1 1

 "faultCode" or "faultString"

           value           1 1  
             i4         0 1  "faultCode" value
             string         0 1  "faultString" message

 

"faultCode" value and "faultString" Message

"faultCode" value Corresponding "faultString" message
1 source not found
2 source id not found
3 target not found
4 target id not found

 

 

応答の例は次に示す通りです。


Example. Normal Response

 

Example. Fault Response